白髪ぼかしとは?聞き慣れない「白髪ぼかし」について詳しくお教えします!

白髪ぼかしとは

白髪が気になるのは女性だけでなく男性も同じ。

目立つ白髪は年齢を老けさせて見せるのでなんとかしたい、でも「いかにも染めています!」という不自然さは避けたいという男性が利用しているのが「白髪ぼかし」です。

今回は、女性にはなじみの薄い「白髪ぼかし」について紹介していきますね。


白髪を「ぼかす?」

白髪を「ぼかす?」

女性にっては謎の白髪対策メニュー「白髪ぼかし」とは何なのか?その正体を探ってみました。

「隠す」よりも「なじませる」

通常の白髪染めは、一度髪の毛の表面を覆うキューティクルを薬剤ではがし、毛髪内部に染料をしみこませ発色させることで白髪を黒や茶色に染めるものです。

白髪染めの即効性は非常に高く、染める前は真っ白でキラキラ光っていた白髪も白髪染めを使うことで元は白髪とはわからないほどしっかりと色を付けることができます。

その反面、急に白かった髪の毛が黒くなるわけですから、周囲の人にも「この人、白髪染めをしたな」と一目瞭然というデメリットがあります。

一方、「白髪ぼかし」は白髪を黒色に染めるのではなく、グレーベースの色に染めて周りの髪になじませるヘアケアの方法です。

黒い髪の中に白い髪があると対照的な二つの色の対比で白髪が強調されて目立ってしまいますが、「白髪ぼかし」で白髪をグレーに寄せることで黒髪との色の差異を少なくし、なじませて調和させ目立たなくさせるのです。

仕上がりも、いわゆるロマンスグレー風のカラーでとても自然。白髪を真っ黒にして周りに気づかれるのが嫌だという方にはぴったりの方法といえるでしょう。

▼白髪ぼかしの参考写真

白髪ぼかし

引用元:http://nexus.cep-hd.jp/column/ginza3/2427/

「白髪ぼかし」のメリット

女性にはあまりなじみのない「白髪ぼかし」ですが、

  • 周囲に白髪染めをしていることを気付かれにくい
  • ジアミン系薬剤を使わないので肌や髪に優しい
  • 新しく生えてくる白髪の根元部分が目立ちにくい
  • 時間がたっても退色しにくく赤くならない
  • 上品でおしゃれに見える
  • 短時間で染まる
  • 色の調節(グレーの濃さ)がしやすい
  • ボリュームが増えてみえる
  • 白髪染めより安価で出来る

等のメリットがあります。

とくに、白髪ぼかしはアレルギー物質のジアミン系染料でかぶれなどのアレルギー反応が起こってしまった方が、白髪を染めるために作られたという経緯があるため、頭皮や髪にも優しい点は非常に重要です。

また、色もグレー系に染めるため、時間がたっても色が変わって赤っぽく浮いてしまうということもない点も、白髪染めにはない魅力といえることでしょう。

白髪ぼかしは、白髪染めと同様に薬剤を髪の毛につけてグレーにするものですが、その時間として数分程度で良いので、短時間で完了する点も見逃せません。

薬剤をつけて放置する時間によってグレーの濃さも調節できるため、自分の好みに合わせてぼかし度を調整できることもメリットの一つです。

「白髪ぼかし」のデメリット

しかし、「白髪ぼかし」はあくまで白髪をグレーに染めるものなので、完璧にほかの黒髪と同じようになじませ、「白髪がない」ように見せたい方には不向きです。

色素の入っていない髪=白髪なんて生えていません!と若々しく見せたい方は、白髪染めのほうがおすすめ。


女性の「白髪ぼかし」

女性の「白髪ぼかし」

引用元:http://blogs.yahoo.co.jp/kt38kt38/27003204.html

男性の利用者が圧倒的に多い「白髪ぼかし」ですが、女性にももちろん「白髪ぼかし」はおすすめです。

白髪が多い場合は「白髪ぼかし」の選択も

女性の場合、白髪は絶対に見えなくしたい、髪色を明るくするのと同時に白髪を目だたなくしたい、と茶色~黒色に染められる白髪染めで白髪ケアをする方も多いですね。

しかし、あまりに白髪が多い場合、根本部分の白髪が目立つようになると何度も染め直さなければならなくなり、髪や頭皮にどんどんダメージが蓄積されて髪の毛や頭皮が弱るなどのトラブルを起こしかねません

また、時間がたつと染めた白髪の色が退色し、不自然な色に浮き上がって悪目立ちしてしまうこともあります。

その点、「白髪ぼかし」のグレーならば、色が褪せて違和感を感じさせる風合いになることはありませんし、ボリュームもふんわりと見せることができ、生えてきた白髪もうまくなじませて目立たなくさせることができます。

周りと合わせれば自然

ただ、30代~50代など周囲の方に黒髪が多い年代の女性にとっては、グレーに染める「白髪ぼかし」を選ぶことはハードルが高いかもしれません。

しかし、60代以降など周囲に白髪が多い方が増える年代になったら、話は変わります。

頭皮や髪にダメージを与え、不自然な黒髪・茶髪が「無理して若作りしている」と違和感を与える白髪染めよりも、「白髪ぼかし」で白髪を自然に染めて年相応にオシャレに上品に仕上げる方法もアリ。

上品なグレーの豊かな髪の素敵な年の重ね方をしている女性として憧れの的になることでしょう。


まとめ

女性にとっては謎の多い「白髪ぼかし」がどんなものか、ご理解いただけたでしょうか?

男性の利用者が多く、女性で使用している方は少ない「白髪ぼかし」ですが、ある程度の年齢になったら白髪染めよりもオシャレで自然な白髪対策となることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です