白髪はいつから生えてくるのか?事前の対策や予防法まとめ

白髪いつから

女性の多くがお肌のシミやシワと同様、エイジングサインとしてとても気になるのが白髪ですね。

白髪は年を取れば生えてくるのが当然と誰もが思っています。

しかし自分はまだまだ大丈夫!と思っていたのに、同世代の友人の頭に白いものをみつけてゾっとした経験がある方も多いことでしょう。

そもそも白髪っていつから生えてくるのかご存知でしょうか?

今回は白髪が生え始める平均と、事前の対策や予防法をご紹介します。


白髪はいつから生えてくる?

白髪はいつから生えてくる?

まず平均的な白髪が生えてくる年齢についてみていきますね。

女性の平均は35歳

調査によると、はじめて白髪が生えてきた、あるいは白髪に気付いた年齢の平均は、女性の場合35歳、男性の場合34歳と男女差はあまりないようです。

しかし、10代や20代など若い頃から生える「若白髪」の方もいらっしゃいますし、30代になって急にまとまって生えてきたという方、40代に入ってチラホラ出てくるだけで一定量を保っている方など、白髪の出方は個人差が大きいようです。

白髪の出現時期の予測

このように白髪の出現時期ははっきり予測できませんが、一つ参考になる目安があります。

それは多くの方が、白髪が気になり出す前に髪の毛の変化を感じていたということ。

ハリやコシやツヤが無くなる、抜け毛が増えて全体のボリュームが減った、髪の毛にうねりが出るようになったなど髪に変化が表れ始めた頃に、ヘアケア中に自分の髪に白髪を見つけたというケースが多いようです。

つまり、日々のヘアケアで「あれ?」と感じた時が白髪が現れ始めやすい時期と考えておくと、まだ白髪が出ていない方も、もうそろそろ白髪予防をしなければ…と考える目安となることでしょう。


白髪のメカニズム

白髪の生えるメカニズム

そもそも白髪はなぜ生えてくるのでしょうか?

白髪は色素不足

髪は栄養が不足することで白髪になるのではありません。

髪は作られた当初は透明で、そこにメラノサイトという色素形成細胞からメラニン色素が作られ、髪に入ることで黒い髪色になり成長していきます。

しかし、何らかの理由で十分な色素が髪に注入されないことにより、白いまま伸びてしまうと白髪になってしまうのです。

色素不足になる原因

ではなぜ色素不足になるのでしょうか?

それには2つ原因が考えられます。

まず1つがメラニン色素を作り出すメラノサイトの異常

細胞の活動力が低下、もしくは細胞の消失することによりメラニン色素自体が髪色を黒くするほど十分に作られなくなることが原因です。

もう1つがメラニン色素の原料不足。栄養バランスの悪い食事、あるいはダイエットなど偏った食事により栄養不足となり、メラニン色素を十分に作ることが出来なくなってしまうのです。

ストレスも大きな原因

確かにメラノサイトは加齢によって消失することもあり、年を取れば当然白髪が生えやすくなる傾向にありますが、白髪になってしまう原因はそれだけではありません。

現代人の多くが抱えるストレスも白髪にしてしまう大きな要因となります。

というのも、メラノサイトはストレスに弱いため、大きなストレスを受け続けると活動力も低下し、メラニン色素を作る働きが衰えてしまいます。

同時に、ストレスを受けることで交感神経が常に優位となり、十分な睡眠がとれない、筋肉の緊張による血行不良、自律神経やホルモンバランスが乱れるなど、美しい黒髪の生成・成長を大きく阻害してしまうのです。


白髪にならないための事前の対策や予防法

白髪 予防

では次に、白髪が生えてくる前に出来る対策や予防法をご紹介します。

栄養バランスのとれた食事を摂る

人の体は食べたものから全て作られています。そこで十分な栄養が取れていなければ、あちこちに不具合が出てくるのは当然ですね。

もちろん髪にとってもそれは同じです。

良質な髪を作るタンパク質は当然のことながら、亜鉛・銅・ヨウ素などのミネラル、ビタミンCやビタミンB群などのビタミンなどをバランスよく普段の食事から摂取することが重要です。

メラニン色素の元となるチロシンを多く含む乳製品も欠かさないように。

特に髪に良いミネラルやビタミンは海藻類や魚類、肉類、豆類、野菜類、果物に含まれているので積極的に取り入れるようにしましょう。

お手軽なファストフードや冷凍食品ばかり食べている方は要注意!

カロリーオーバーとなるだけでなく、危険な食品添加物を過剰に摂ることになり、肝臓や腎臓に多大な負担を掛け、内臓機能を低下させてしまいます。

そうなると、生命維持にそれほど重要なポジションにない髪は真っ先に栄養等をカットされてしまうため、白髪ができやすくなってしまいます。

普段から様々な食材をバランスよく食べることで、大きな白髪予防ができることでしょう。

睡眠時間をたっぷり取る

次にすぐに実践したいのが、睡眠時間の確保です。

睡眠と白髪は、一見、無関係のようにみえて深いつながりがあります。

睡眠は体や心を休めるためのものだけでなく、睡眠中に分泌される成長ホルモンによって体を修復し、整える働きもあります。

睡眠時間が短ければその分心身に溜まった疲労は蓄積し、成長ホルモンの分泌量も低下。

そうなるとやはり生命維持にそれほど関わりのない髪に回される量は減り、弱弱しく、色素も不十分な髪が生えやすくなってしまうのです。

夜更かしは控え、可能な限り睡眠時間をしっかりと取るように改善しましょう!

ストレスを溜めない

美容にも健康にも百害あって一利なしのストレス。

ストレスを感じた時は、早めに発散するのがとても大事で白髪予防には効果的です。

運動する、趣味に没頭する、おしゃべりを楽しむなど、自分にあったストレス発散方法を作っておくようにしましょう。

頭皮マッサージ

ついでにやっておきたいのが頭皮マッサージです。

シャンプーをするとき、あるいはトリートメントをするときなど、指の腹を使って髪の毛の生え際から頭頂部に向かって優しくゆっくりと揉みあげていくだけでO.Kです。

ストレスや緊張が続くと頭皮も固くなって血行不良となっていることも多いので、ぜひ取り入れるようにしましょう。

まとめ

女性の大敵「白髪」は、平均はわかっても自分がいつ生えてくるのかは誰にもわかりません。

しかし、髪の毛の変化を感じたらそれは白髪の発現サインかもしれないので要注意。

すぐに今回ご紹介した予防法を取り入れ、白髪が生えるのを防ぐようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です