体の老化を促進させる活性酸素は白髪にも影響しているのか?

活性酸素は白髪にも影響

活性酸素は、最近特に注目を集めているキーワードですね。

美容やエイジングケアに関心の高い人なら、活性酸素が老化に深くかかわっていることをよくご存じのことでしょう。その活性酸素は実は白髪にも大きくかかわっているのです。

今回は、体の老化を促進させる活性酸素と白髪の関係についてご説明しましょう。


活性酸素って何?

活性酸素って何?

まずは活性酸素とはどのようなものかについてみていきましょう。

活性酸素とは?

呼吸によって取り込まれた酸素が体内で変質し、強い酸化作用を持つようになったものが「活性酸素」です。

活性酸素のもともとの役割は、体の防御

体内に侵入してくる細菌やウィルスなど、有害な物質から体を守るために強い酸化力をもって対抗するために作られるものです。

つまり、活性酸素は重要な体内の免疫機能の一つであり、本来ならありがたい存在であるはず!なのですが

その強すぎる酸化力と量の増加によって、逆に問題を引き起こすことにもなるのが大きなネック。

体にとって有害なものだけを攻撃してくれるのなら良いのですが、あまりに活性酸素が増えすぎるとなんの問題もない正常な細胞にまで攻撃をし始め老化を進めてしまうことになります。

そんな活性酸素はどうやって作られるのか?

実は、通常の呼吸によって取り込まれた酸素のうち、2%程度が何もしなくても活性酸素になります

つまり、人が生きていくうえで一定量の活性酸素は自然と作られます。

それだけならばよいのですが、後述する習慣等によって必要以上の活性酸素が作られてしまうことで、活性酸素の悪い面が自身に向けられてしまうことになります。

活性酸素と白髪の関係

では次に、活性酸素と白髪の関係についてご説明します。

非常に酸化力の強い活性酸素は、増えすぎれば髪の毛をつくる毛母細胞や髪の毛の色を付けるメラノサイトにも当然矛先を向け、悪い影響を与えます。

活性酸素によって毛母細胞の機能が低下しヘアサイクルが乱れるだけでなく、メラノサイトの活動力も低下してしまうことで白髪ができやすくなってしまうのです。


活性酸素が増えてしまう原因

活性酸素が増えてしまう原因

白髪の大きな要因となる活性酸素を増やす習慣をご説明します。

アルコール

摂取したアルコールは肝臓で解毒されて、無害なものに変換されます。その際に沢山の活性酸素が発生します。

ストレス

強いストレスも活性酸素を発生させる大きな原因。ストレスを感じるとそれを緩和するために副腎皮質ホルモンというホルモンが分泌されるのですが、その際に活性酸素も発生します。

同時にストレスによってビタミンCも消費されてしまう点も深刻。ビタミンCには高い抗酸化力があるため、ストレスを感じることで体内のビタミンCも減り、さらに活性酸素が優位になってしまいます。

紫外線

有害な紫外線から体は活性酸素を発生させて身を守ろうとします。ということは、紫外線を多く浴びてしまうと多くの活性酸素も発生することに。

喫煙

たばこはたったの1本で100兆もの活性酸素を作るといわれています。タールなどの有害な物質を解毒しなければなりませんし、有害な物質からほかの細胞を守るためにも活性酸素が作られます。

激しい運動

運動は健康維持のために必要不可欠なものですが、運動時に呼吸が激しくなることで取り込む酸素量が増加するに伴い、活性酸素も多く発生することになります。

環境汚染・食品添加物

活性酸素は自分の身を守るために作られるもの。大気汚染や水質汚染、食品添加物など体に害を与えるものに対して反応し、活性酸素はどんどん作られてしまいます。

食生活の乱れ

有害な食品添加物のほかに、油っぽい食事でもその代謝過程で活性酸素は発生してしまいます。


活性酸素を減らすには?

活性酸素を減らすには?

ただ生活しているだけでも自然と作られる活性酸素を減らす方法を見ていきましょう。

抗酸化物質を積極的に摂取する

強力な酸化力をもつ活性酸素が正常な細胞等を傷つけないようにするためには、抗酸化力の高い食べ物を積極的にとることが効果的です。

具体的にはビタミンCやビタミンE,ポリフェノールやリコピンなどがオススメ。食べ物から取り入れるのが望ましいのですが、それが難しい場合はサプリメント等を併用するとよいでしょう。

飲酒・喫煙を控え、ストレスを解消する

アルコールやタールなどの有毒な物質の解毒やそれらから体を防御するために活性酸素がどんどん作られてしまうため、飲酒や喫煙は極力控えるようにしましょう。

飲酒や喫煙の原因となりやすいストレスの解消も積極的に取り組むことが大事です。

適度な運動や趣味に取り組む、おしゃべりやショッピングなどを楽しむなど、自分に合ったストレス発散方法を見つけましょう。

まとめ

本来なら体を守るために働いてくれるはずの活性酸素。

しかし必要以上に増えてしまうと、毛母細胞やメラノサイトを攻撃して白髪をできやすくしてしまうため、白髪を増やさないようにするためには日ごろからの活性酸素対策が必要です。

普段の呼吸で増えてしまう分は仕方がないにしても、食事や生活習慣の見直しだけでかなりの活性酸素の発生量を抑えることができます。

ぜひ白髪が気になりだしたら、自身の活性酸素対策にすぐに取り組みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です