白髪を抜くのはNGですか?ハゲたりしちゃうんですか?

白髪を抜くのはNGですか?

エイジングケアの一つとして多くの女性が取り入れているのが白髪ケアですね。

髪の毛に白髪を見つけると親の仇のようにプチっと抜いて対処している人も多いのですが、怒りに任せて白髪を抜くことはお勧めできません。

なぜなら、白髪を抜くことで起こりうるその後のトラブルが問題だからです。

それでは白髪を抜くのがなぜNGなのかのメカニズムのご説明と、おすすめの対処方法をご紹介します。


白髪の生えるメカニズム

白髪の生えるメカニズム

以前は黒色だった髪の毛が白色になってしまうその原因は、色素不足

もともと作られた時点では透明の髪の毛に、メラニン色素メラノサイトから作られて注入することで髪が黒くなっていきます。

つまり、白髪というのは髪そのものに問題があるのではなく、髪の毛の着色過程に問題が起こっているということ

髪自体はちゃんと生えてきているため、色素不足を解消しない限り、白髪を抜いたからといって次に生えてくる髪も白髪となってしまう可能性も高いのです。


白髪を抜くとどうなる?

白髪を抜くとどうなる?

それでは、次に白髪を抜いた後の影響をみていきましょう。

ベースが傷つく

色はともかく正常に生えてきている髪を、自然に抜ける前に強引に抜いてしまうと、髪の毛を作っている毛乳頭を始め、毛細血管や皮膚など周辺部分が傷つけられ、髪の毛が生えるベースに余計な負荷を与えてしまいます。

一度、抜いたからといってすぐ修復不能な状態にまで陥るとはいえませんが、やはり無理をさせることで与えるダメージは決して少なくはありません。

さらに何度も同じ毛穴から生えてくる白髪を抜き続けていると、それこそ深刻なダメージが蓄積され、髪の毛が生えてこなくなる可能性も否定できないのです

毛穴が広がる

また髪の毛の根元を見ればわかるように、健康な髪の毛の根元はふっくらとした丸い形状(毛球)となっており、その部分を無理にひっぱることで毛穴が広げられてしまいます。

頭皮の毛穴が開くと、その部分に皮脂や汚れなどが入り込みやすくなり、嚢炎などふきでものや炎症などの頭皮トラブルを起こしやすくなります

毛穴が歪む

また、無理に引っ張ることで毛穴が歪むと、うねりや縮れなどクセのある髪の毛が生えやすくなり、まっすぐな髪の毛が生え辛くなってしまうことも考えられます。


抜かずに行う白髪対策

抜かずに行う白髪対策

白髪の原因は単なる色素不足のため、巷で言われるように白髪を抜いたからといって周辺の黒い髪まで白くなることはありません。

しかし、無理に正常な白髪を抜いてしまうと、次に生えてくる髪に悪影響を及ぼすことは否定できません。

そこで、既に生えている白髪を抜かずに行う白髪対策をご紹介します。

白髪染め

生えてきた白髪は、自然と白い部分が黒くなることはありません。

そのため、白い部分を黒く染める白髪染めが効果的。

しかし、市販の白髪染めは、白髪を速攻で黒くすることはできますが、ただでさえ弱っている頭皮や髪に負担をかけてしまうだけでなく、健康な髪まで傷つけるので安易な使用は避けた方が無難です。

すぐに黒くしたい場合を除き、それほど急いでいないのなら白髪を染める効果のあるシャンプーやトリートメントを取り入れると良いでしょう。

白髪染めのような即効性は期待できませんが、自然にムラなく染めやすい上に、成分も頭皮や髪に負担や刺激を与えません。

また、ニオイも通常のシャンプー・トリートメントと変わらず、イヤなニオイもナシ。さらに、準備や片付けも簡単!

さらに髪を染めるだけでなく、補修効果によってダメージヘアを改善する効果も期待できます。

白髪部分をカット

まだ白髪の本数が少ないのなら、白髪になっている部分だけをカットする方法がオススメです。

頭皮や髪にダメージを与えないので安心ですし、確実性・即効性にすぐれています。

これからの白髪を予防する方法

これからの白髪を予防する方法

ひとまず今生えている白髪対策としては上記の2つがオススメです。

つぎに生えてくる髪が黒くなるための対策としては、食事・睡眠・運動の3本柱を中心に行いましょう。

食事の改善

白髪の原因はメラニン色素不足。

そこで色素が十分に作られ、髪の毛に行きわたるように食事内容をまず改善していきましょう。

髪の毛を黒くするメラニン色素は、メラノサイト(色素細胞)でチロシンにチロシナーゼ(酵素)が働きかけて作られます。

そのため、白髪を予防するにはメラノサイトの活性化メラニン色素の原料補給の二つのアプローチが必要です。

髪の毛の原料となるケラチン(タンパク質)とともに、メラノサイト・メラニン色素に必要なビタミン・ミネラルを含んだ栄養バランスの良い食事を摂ることをまず第一に考えるようにしてください。

髪に良いと昔から言われているミネラル豊富な海藻類、ケラチンの原料となる乳製品や大豆、ビタミン豊富な緑黄色野菜は不可欠です。

不足しやすい亜鉛や銅などのミネラルは、サプリなどを併用するのもおすすめです。

睡眠不足の解消

睡眠は体や脳を休めるだけでなく、成長ホルモンの分泌を促し、さまざまな部分の修復をするために非常に重要なものです。

しかし、仕事や遊びなどで睡眠不足が常態化すると十分な成長ホルモンが分泌されず、分泌されても生命維持に必要な部分に主に使われてしまい、美しく健康な髪作りに回される分が減らされてしまいます。

そのため、なるべく睡眠時間は多めに確保することを心がけましょう

また睡眠は量だけでなく質も大事

自分にあった寝具、居心地の良い寝室、そしてスムーズな入眠の工夫をすることもお忘れなく。

適度な運動

メラノサイトの活性化やメラニン色素の原料に必要な栄養を摂取しても、十分に頭皮に行きわたらせることが出来なければ、効果も半減してしまいます。

そこで、普段から運動を取り入れ、血行を促進させるようにしましょう。

しかし、いきなりハードな運動をしようと思ってはダメですよ!体に負担をかけるばかりか、辛くて継続することが難しくなり、三日坊主、骨折り損のくたびれ儲けになってしまいます。

大事なことは、自分ですぐにできる軽いものからレベルアップしていくことです。

まずは家の周りを歩く、つぎに一駅前で降りて歩く、エレベーターやエスカレーターを使わず歩く、などウォーキングから始めると無理なく負荷を大きくしていくことができることでしょう。

歩くことで筋肉が付いて自然と基礎代謝もアップしてダイエット効果が得られる上に、気分転換にもなってストレス発散効果も期待できるのでおすすめです。

まとめ

目立つ白髪を見つけた際にとっさに抜いてしまうことの危険性はご理解いただけましたか?

白髪を抜くことでとりあえず目先の不快感は取り除けたとしても、それはあくまで一時しのぎでしかありません。

問題を先送りにしただけであり、さらに悪いことに髪や頭皮に余計な負担を与えて髪質の悪化やハゲ化を招くおそれもあるのです。

白髪を見つけたら、慌てずにとりあえず今生えている部分を処理し、次に生えてくる髪が白くならないよう生活習慣の見直しをするようにしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です